らくとん倶楽部
ラクトンC10(γ-デカラクトン)とラクトンC11(γ-ウンデカラクトン)の香りに魅了された日々の備忘録

陸マイラーの頂点!ハワイ・ホノルル便エアバスA380のファーストクラス2名分発券!

陸マイラーの頂点!ハワイ・ホノルル便エアバスA380のファーストクラス2名分発券!

驚異的な勢いでマイルを貯める陸マイラー。貯めたマイルでどんな旅をするのかと言うと、これまでは「ビジネスクラスで行くハワイの旅」が定番中の定番でした。しかし、2019年5月よりオール2階建ての巨大飛行機エアバスA380が就航し、ホノルル路線に初めてファーストクラスが導入されたのです。

これまで貯めてきたマイルを放出する時はまさに今しかありません。特典航空券予約争奪戦は熾烈を極めましたが、なんとかこれを戦い抜き、成田~ホノルル便のファーストクラスを2名分予約し、発券する事が出来ました。

この記事では、A380のファーストクラスの驚くべき仕様を見てみるとともに、ファーストクラスをはじめ各クラスで提供されているドリンクについて列挙し、いかにファーストクラスのサービスが飛び抜けているのか紹介します。

発券済のファーストクラス2席の旅程表

これが発券済の成田~ホノルル間のファーストクラスの特典航空券の旅程表です。「予約・購入状況」が「発券済み、「クラス」が「特典ファースト」となっているところに注目して下さい。

発券済のファーストクラス2席の旅程表

往路は成田21:30発、ホノルル09:20着のNH182便、復路はホノルル11:50発、成田16:15(翌日)着のNH181便で、どちらもオール2階建てのエアバスA380の機材で運航されます。

ファーストクラスの旅というと、ブログやYouTubeなどに時々投稿がありますが、いずれも1人旅で、ファーストクラス2人旅というのはなかなか見られない貴重な旅ではないでしょうか。通常ビジネスクラスもファーストクラスもシートは独立しているのですが、リゾート路線仕様となっているANAのエアバスA380のシートアレンジは、中央にとなり同士一緒に旅を楽しむ事が出来るペアシートとなっています。2人旅なのでここを選んでも良かったのですが、

  1. フライト中、特に話すことも無いし、むしろペチャクチャ喋ってたら迷惑かもしれない
  2. エアバスA380のファーストクラスはボーイングB777と違って窓の外が良く見えるし、そもそも窓側大好き

ということで、窓側の2席(1K・2K)を確保しました。

ファーストクラス予約状況

ANAのA380ファーストクラスの特典航空券向け開放数は2席

特典航空券はマイルがあれば無尽蔵に取れるわけではありません。各クラス毎に特典航空券向けの枠があって、例えばANAのエアバスA380のファーストクラスの場合、全8席のうち、2席のみが特典航空券向けに開放されています。3席以上同時に予約しようとしたり、既に2席が特典航空券として予約されている場合は「キャンセル待ち」となってしまいます。

上のシートマップを見ると私が予約した2席(1K・2K)ともう1席(1A)、合計3席予約されているように見えますが、座席番号1Aの席はブロック席といって、搭乗日ギリギリもしかしたら搭乗日当日まで開放されない特別な席なので、誰かが予約しているわけではありません。なぜこのような席があるかというと、VIP・要人用です。他にもバシネット(乳幼児用簡易ベッド)が設置できる壁前の席や、座位で移動できない寝たきりの乗客用の席としてエコノミークラス最後方の席がブロック席となっています。そのため私は飛行機に搭乗する際、1A席の乗客の顔が気になってチラ見しちゃいます。「有名人かなぁ」と思って見るわけですが、99%当日開放された席に移動したタダの飛行機好きですね(笑)

使用したマイルは24万マイル

ファーストクラス2席分に必要だったマイル数は1人あたり12万マイル、2人分で24万マイルです。

使用したマイルは24万マイル

欧米路線よりも贅沢なホノルル路線のファーストクラス

成田-ホノルル路線のファーストクラスは、ある意味欧米路線に設定されているファーストクラスよりも贅沢なファーストクラスであると言えます。というのも、機材が最新のエアバスA380である事もそうなのですが、この路線は搭乗時間が往路が6時間50分、復路が9時間25分と欧米路線に比べて短いのです。短時間のフライトをアッパークラスで楽しむ。こんな贅沢な旅はありません。しかもこれがファーストクラスとなれば、ANA史上最も贅沢なフライトである事は間違いないでしょう。

ファーストクラス2席の価値・値段

ところで、このファーストクラス。今回はマイルを使った特典航空券ですから、各種税金や燃油サーチャージなどの費用以外は一銭も払っていませんが、同じフライトのファーストクラス2席をお金で買ったとしたらいくらになるのでしょうか。試しに同じ便のファーストクラスを購入しようとしたら以下のような画面が表示されました。

ファーストクラス2席の価値・値段

300万円超えちゃってます!でもこれが「たかだか」24万マイルで満喫できるのですから、「マイレージ制度万歳」と言ったところです。

なぜ陸マイラーをはじめとした多くのマイラーはポイントを現金化することなく、商品に交換することもなく、せっせとマイルに交換し、そしてビジネスクラスなどのアッパークラスの旅を獲得しようとしているのでしょうか。その理由はここにあります。24万マイルを現金化したり、商品に交換してしまえばせいぜい24万円分の価値にしかなりませんが、こうしてファーストクラスやビジネスクラスの特典航空券として使用すれば、マイルの価値は最大化され、実に額面の10倍以上にもなるのです。

なんでそんなにマイルを持っているの?

とはいえ10万マイルを超えるマイルを入手するのは、そんなに簡単な事ではありません。例えば羽田~ニューヨーク間を100%積算運賃で往復したところで、得られるマイル数は13,446マイルに過ぎません。1年間で4往復したとしても獲得マイル数は5万マイルちょっと。24万マイル貯めるには5年以上かかる計算になりますが、5年も経ったら24万マイル貯まる前にマイルの有効期限が切れてしまいます。

しかし、そこを何とかしちゃうのが陸マイラーです。ここまで何の説明も無く「陸マイラー」という言葉を使ってきましたが、私がこうしてファーストクラスの特典航空券を確保できたのも、実は私が陸マイラーだったからです。以下の記事でそんな陸マイラーの全貌を明らかにしています。

らくとん倶楽部らくとん倶楽部
Author: らくとん
ここ数年、飛行機に全く乗らずして、毎月18,000マイル、年間216,000マイルをコンスタントに稼ぎ出す「陸マイラー」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?場合によっては、さらに数万マイル上乗せし...

ファーストクラスの驚くべき仕様

ANAのエアバスA380のファーストクラスの様子が「トラベル Watch」で30枚以上の写真と共に詳細にレポートされていますので、こちらをご覧下さい。

トラベル Watchトラベル Watch
Author: (株)インプレス
ANA(全日本空輸)が5月24日に成田~ハワイ・ホノルル線に就航予定のエアバス A380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ、空飛ぶウミガメ)」。ハワイ路線では同社初となるファーストクラスを設置しているのが特徴の...

巨大すぎるファーストクラスのシート

ファーストクラスのシートの大きさをシートマップを通して見てみると、その大きさに改めて驚かされます。

各クラスのシートの大きさの比較

左から「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「プレミアムエコノミー」「エコノミークラス」です。比率が違うの?と思う位エコノミークラスが小さく見えます。エコノミークラスはまるでパイプ椅子です。

巨大すぎるファーストクラスのトイレ

大きいのはシートだけではありません。たった8人の乗客のために2つもあるトイレ。これが実に巨大なのです。

ファーストクラスのシートマップ

ファーストクラスの乗客はキャビンウェアに着替えるのが慣例だそうです(無理して着替えずキャビンウェアをお持ち帰りしてもOKです)。ではどこで着替えるのかというとこのトイレなのです。ファーストクラスのトイレが巨大なのはこんな理由があったんですね。ちなみに、先ほど紹介した「トラベル Watch」にトイレの写真も掲載されているのでチェックしてみて下さい。

参考までに、他のクラスに設置されているトイレと比べてどれ程大きいのか比較図を作ってみました。

各クラスのトイレの大きさ比較

本当に大きいですね!車イスの方でも楽々出入り出来るようになっていて、誰が使うのか知りませんが、トイレの中にベンチシートまで用意されています。

ファーストクラスで提供される極上のサービス

ファーストクラスにはビジネスクラスや上級会員(ダイヤモンド会員・プラチナ会員・SFC会員)ですら味わえないような極上のサービスが待っているそうです。実際にファーストクラスに搭乗するのはもう少し先の話なので、その全貌は今は明らかになってはいませんが、「ファーストクラスで行くハワイの旅」を満喫してきたらレポート記事を投稿したいと思います。

ANAの搭乗クラス別ドリンク提供メニュー比較

ひとまず現時点でわかる範囲で、機内で提供されるドリンク種別の違いを調べてみました(注:本記事執筆時点でのメニュー)。YCFとあるのは全クラスで提供されているもの。YCFとあるのはビジネスクラス以上で提供されているもの。YCFとあるのはファーストクラス限定で提供されているドリンクとなります。

エコノミークラスやビジネスクラスで提供されているお酒を飲みたいと思っても、ファーストクラスでは提供されていない事実に驚きです(もちろん頼めば持って来てくれるでしょうけれど、そんな乗客はいないでしょう)。私は普段シャンパンやワインを飲まないので、タレントの高橋真麻さんをはじめとして多くの乗客がやたら「シャンパン!シャンパン!」と騒いでいるのを見て不思議な光景だなと思っていたのですが、1杯3,000円位するクリュッグ(KRUG)出されたらそりゃ飲まないわけにはいかないですね(笑)

終わりに

24万マイルを使って300万円相当の成田~ホノルル間のANAのファーストクラス特典航空券2席分を予約し発券しました。旅はまだこれからですが、座席などの設備の豪華さ、ちらほら聞こえてくる極上のサービスなど、ドリンクメニューを見てるだけでもワクワクしてきます。24万マイルも貯まるわけないと思ったら大間違い。陸マイラーとして少しの知恵と努力を惜しまなければ、24万マイルを貯める事はそれほど難しい事ではありません。これを読んでいるあなたも、近いうちに夢のファーストクラスの旅が出来る事を祈っています!

らくとん
作成日 2019年04月29日 09時33分
更新日 2019年05月20日 06時11分
6150文字
Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
■ 関連記事
らくとん倶楽部らくとん倶楽部
Author: らくとん
ここ数年、飛行機に全く乗らずして、毎月18,000マイル、年間216,000マイルをコンスタントに稼ぎ出す「陸マイラー」が多数誕生しているのをご存知でしょうか?場合によっては、さらに数万マイル上乗せし...