らくとん倶楽部
ラクトンC10(γ-デカラクトン)とラクトンC11(γ-ウンデカラクトン)の香りに魅了された日々の備忘録

障がい者のための就職・転職・求人サイト!身体障害・精神障害のどちらもOK

障がい者のための就職・転職・求人サイト!身体障害・精神障害のどちらもOK

障がい者雇用をめぐる状況は、現在のところ完全な「売り手市場」にあります。つまり多くの企業や団体が積極的に障がい者採用を 進めており、一部では「障がい者の奪い合い」の様相を示しているほどです。これには2018年4月に障害者の雇用率が引き上げられ、対象となる事業主の範囲が拡大した事、さらに国の行政機関における障害者雇用率の水増し問題の発覚などにより良くも悪くも世間の注目を浴びた事などが要因となっています。東京2020オリンピック・パラリンピック開催もひとつの要因でしょう。

一方で、2018年4月から障害者の法定雇用率の対象に精神障害者が加わりましたが、精神障害に対する理解があまり進まずに、雇用者、被雇用者ともに残念な結果に終わるケースも無いわけではありません。

ダイバイシティという言葉を良く聞くようになりました。しかし、ダイバイシティという言葉には続きがあります。「ダイバイシティ・インクルージョン」です。障がい者の弱みを配慮してもらうだけでなく、障がい者の強みを活かして社会に進出していこうではありませんか。

ここでは、そんな障がい者の社会進出を手助けしてくれる就職・求人サイトや転職サイトを紹介します。また、社会進出にあたって一定の訓練が必要な方たちのために各種教育や職業訓練の場を提供してくれる組織もあわせて紹介します。

障害者の法定雇用率(障害者雇用率制度)

ある程度の規模を擁する企業や組織・団体は障がい者を一定以上雇用しなければなりません。これを「障害者雇用率制度」といい、求められている障がい者の雇用率を「法定雇用率」と言います。この法定雇用率は2018年4月に以下のように改定されています。

事業区分2018/03/31以前2018/04/01以降2021/03/31迄に
民間2.0% ※12.2% ※22.3% ※3
国・地方公共団体2.3%2.5%2.6%
教育委員会2.2%2.4%2.5%
対象身体障害
知的障害
身体障害
知的障害
精神障害

※1 従業員数50.0人以上の企業が対象
※2 従業員数45.5人以上の企業が対象
※3 従業員数43.5人以上の企業が対象

ここでは民間企業の場合のみ対象となる従業員規模数を記載していますが、実際は各種団体などや教育委員会などにも従業員規模数の条件があり、その数は民間企業のとは異なっています。

この法定雇用率を下回った場合、企業・組織・団体には不足分1人あたり50,000円/月(事業や従業員規模によって若干異なる)の違約金を支払う義務が生じます。逆に上回ると、1人あたり27,000円/月の報奨金を貰えます。

障がい者雇用率の推移

厚生労働省の職業安定局雇用開発部障害者雇用対策課が発表した資料「平成29年 障害者雇用状況の集計結果」によれば、2001年から2017年までの民間企業における障がい者雇用率の推移は以下のようなものでした。

障がい者雇用率の推移

この時、法定雇用率は2.0%ですから、目標達成まであと僅かといったところです。

重宝される身体障害者と伸び悩む精神障害者

下の図は2016年時点での子供も含めた65歳未満の障がい者数の割合です。

65歳未満の障がい者数

おおよそ身体障害者5割、知的障害者4割、精神障害者1割となっています。一方で、同じ2016年の民間企業における障がい者雇用者数を見ると、身体障害者7割(328千人)、知的障害者2割(105千人)、精神障害者1割(42千人)となっており、身体障害者の雇用率が高く、知的障害者、精神障害者の雇用があまり進んでおらず、まだまだ伸びしろがある事がわかります。

特に2018年4月から法定雇用率に精神障害者も計上出来る事になり、企業の精神障害者の採用が促進される事が予想されています。ただし、精神障害者の場合、職場の環境によっては症状が急変、悪化する可能性があり、雇用する側もされる側も十分な注意が必要です。精神障害者の雇用率が低く抑えられているのはこうした変動要因がある程度影響していると推測されますが、ここは双方が歩み寄って共に解決していく姿勢が必要でしょう。雇用される側つまり精神障害者にも、ある程度の訓練や研修を受けて、いざという時困らないようにしておくのが良いと思います。

障がい者向けの就職・転職・求人サイトの就労支援サービス

そこでオススメしたいのが、障がい者向け就職・転職・求人サイトによる就労支援サービスです。就職・転職・求人サイトは単に障害者採用や障害者求人のいわゆる「障害者枠」を紹介しているだけではありません。

これは別に健常者、障がい者に関係なく一般的な話ですが、エージェント型の就職・転職・求人サイトでは、エージェントが企業と求職者をマッチングさせ、さらにその両者の雇用関係が定着して初めて成功報酬として収益を得る事が出来るようになっています。従ってエージェントとしても求職者をむやみやたらと面接に放り込むわけにもいかないのです。

実は求職者の賃金・給料だってエージェントにとっては重要な要素です。なぜなら給料の高い職をエージェントが仲介する事が出来れば、その分エージェントの成功報酬も高くなるからです。正社員や正規雇用の様な安定した職や賃金の高い職を求職者は当然のように求めるわけですが、決してそれはエゴイスティックなものではなく、エージェントとしても願ったりかなったりと、まさに両者WIN-WINな関係にあると言えるでしょう。

こうした障がい者向けの就職・転職・求人サイトの就労支援サービスの利用は基本的に無料で受けられます。ここで「基本的に」と書いているのは一部の支援サービスにおいては、障害者総合支援法に定められた「指定障害福祉サービス」に基づいて実施している関係上、前年度の収入に応じて以下のように有料となる場合があるからです。

  • 無料
    • 前年度所得300万円未満
    • 生活保護受給世帯
    • 市町村民税非課税世帯
  • 9,300円
    • 前年度所得300万円~600万円
  • 37,200円
    • 前年度所得600万円超

登録後に実施されるカウンセリングや面談時に費用が発生するのかしないのか、しっかり確認しておいて下さい。

良い就職・転職するための秘訣

良い就職・転職をするために、誰でも出来る事がひとつあります。それはセカンドオピニオン、サードオピニオンをしっかり聞き、客観的に自分の市場価値を見極め、世の中に存在する多くの求人を吟味する事です。

そのためには複数の就職・転職・求人サイトに登録し(あまり多くても大変なので3ヶ所程度登録すればOK)、複数のエージェントに相談し、複数のルートから求人情報を仕入れるようにしましょう。

セカンドオピニオンは言わずもがな。ひとつのサイトやエージェントが必ずしも全ての求人情報を把握しているわけではないので(サイトやエージェントによって、特定の業界に対して強み・弱みがあります)、最適なマッチングに辿り着くには複数の人との接点を持つようにすると良いでしょう。

また一度作ったコネクションは大切にしておく事をオススメします。あなたの就職・転職は一度で成功するとは限りません。この先どんどん転職していってキャリアアップしていく事だってもちろん可能なわけです。その度にいちいち経歴や障害について説明していては大変です。ホームドクターを持つ感覚で2~3人のエージェントとお付き合いしていくとこの先きっと良い事が待ってますよ。

アットジーピー【atGP】

アットジーピーは障がい者雇用支援サービスのパイオニアとして15年以上にわたるサポート実績と、取引企業は上場企業から外資系企業、ベンチャー企業など幅広く、累計5000社以上と、業界トップクラスの求人企業数を誇る、障がい者専門の就職・転職支援サービスです。(株)ゼネラルパートナーズが運営しています。

「公開求人」と「サポート求人」

求職者が自分で適職を見つけて応募する「公開求人」と、アットジーピーのエージェントが求職者に適した職を探してきてくれる「サポート求人」の2種類があります。後者の「サポート求人」は転職エージェントとほぼ同じですね。

膨大な求人情報から自分に適した職を見つけるのはかなり大変な作業なので、個人的には転職エージェント型の「サポート求人」をオススメします。少し数が少なくて不安になるかもしれませんが、厳選されたベスト・オブ・ザ・ベストと思えば良いと思います。場合によっては、適職が見つからずなかなか紹介を受けられない場合もあるかもしれませんが、健常者の転職エージェント型でもよくある話です。

面接対策などをしてくれる「転職支援サービス」

アットジーピーには「転職支援サービス」というものがあり、専任のキャリアアドバイザーがついて、面接が苦手な方に対して面接の練習の場を提供してくれたり、各種求人に対する個別相談にものってくれます。

サービス利用者層

アットジーピーを利用している障がい者の障害区分の割合は、48%が身体障害、2%が知的障害、50%が精神障害となっています。業界最大手で母数も多いでしょうから、この割合を含めて、これからお見せするデータは日本における障がい者の求職事情の実態と考えても良いと思います。

アットジーピーにおける障がい者区分の割合

精神障害の求職者が身体障害の求職者を超えている、これが現実です。そして知的障害の求職者がわずか2%しかいないのもまた厳しい現実です。

アットジーピーはさらに詳細なデータを公開しています。次に示すのは身体障害の求職者の具体的な障害区分です。

アットジーピーにおける身体障害者区分の割合

上肢・下肢等の外部障害(見える障害)以外にも実に多くの内部障害(見えない障害)の方たちがいることがわかります。

次に下図は精神障害の求職者の障害区分です。高機能自閉症にはアスペルガー症候群も含まれています。

アットジーピーにおける精神障害者区分の割合

身体障害者も精神障害者もどちらも実に多種多様な障害を持った方たちが頑張っているんだなと思わずにはいられません。さすがに障がい者専門の実績No.1のアットジーピーだけはあります。一般転職市場におけるリクナビNEXT(リクルート)、ビズリーチ位のポジションを秘めているのかもしれません。

日本全国対応

オフィスは東京・大阪・名古屋の3ヶ所に構えていますが、遠地の方は電話での対応も可能となっていますので、東名阪の3大都市圏以外の人でもサービス利用を検討してみて下さい。

アットジーピー【atGP】アットジーピー【atGP】
Author: (株)ゼネラルパートナーズ
障がい者(障害者)求人情報サイトのアットジーピー。障害者の雇用支援実績、求人数No.1。転職・就職活動を障害者専門のキャリアアドバイザーがサポートします。

ニューロワークス

ニューロワークスはさながら精神障害者向けの「就職・転職トップガン」といったところで、応募書類の作成、業界・企業研究、企業訪問同行、模擬面接などの単なる就職支援サービスにとどまらず、就職後も症状を悪化させずに定着率を上げ、離職率を下げるための取り組みとして、以下のようなプログラムが用意されています。

  • ブレインフィットネスプログラム
    • マインドフルネス
    • 認知機能の維持向上のための脳トレプログラム
    • 睡眠や食事についての座学プログラム
    • 体力向上プログラム
    • 脳の健康に良いランチ提供
  • 就労系プログラム
    • ナビゲーションブック作成
    • 問題解決技能トレーニング
    • ブレインストーミング
    • ビジネスマナー
    • 仕事術
    • eラーニング
    • タイピング
    • PCスキル

認知行動療法や、運動や食事などの生活習慣の改善、各種ビジネススキルや、仕事上のこんなシーンではこういう風に対応していきましょうといった具体的な処世術まで指導していただけるというのだから、こんなうれしいことはありません。

精神障害の場合、せっかく復職しても同じ症状が再発して結局また休職・離職を繰り返すという事が少なくありません。ただ単に薬を飲んで、休職期間を設けたとしても、何かが変わるわけではないからです。こうした負の連鎖を断ち切るひとつのきっかけをニューロワークスは与えてくれることでっしょう。

事業所は大塚(東京)と横浜

現在のところ、ニューロワークスは全国展開をしておらず、大塚(東京都豊島区)と横浜の2ヶ所にのみ事業所が開設されています。

これだけのサービスを提供しているのですから、千葉県や埼玉県などからも通う人は少なくないと思いますが、首都圏以外の方の利用は残念ながら出来ません。1日でも早くこうしたサービスが日本全国で受けられるようになるといいですね。

かなり見やすくウェブサイトがいい感じにまとまっているので、詳細についてはここで解説するよりも、以下のニューロワークス公式ウェブサイトをご覧になった方がてっとり早いかと思います。

ニューロワークスニューロワークス
Author: (株)イノベイジ
就職スキルだけでなく脳の健康についても学ぶ、障害者のための就労移行支援です。脳の健康に良い生活習慣を身につけることで能力・スキルを発揮しやすい環境を整え、自分らしく働き続ける事をサポートします。(大塚・横浜)

※ ニューロワークスで行うブレインフィットネスプログラムは医師の診断・治療に代わるものではありません。基本的な脳と体の健康増進プログラムであり、障害自体の治療でない事にご注意下さい。

らくとん
作成日 2019年01月14日 08時23分
更新日 2019年04月30日 06時52分
5382文字
Twitter Facebook はてなブックマーク Pocket
■ 関連記事
らくとん倶楽部らくとん倶楽部
Author: らくとん
社交不安症、英語でSAD(Social Anxiety Disorder)という精神疾患があります。かつては「対人恐怖症」「社会不安障害」「社交不安障害」とも呼ばれ、人の目に晒されるほとんどの全ての行...